ウェットフードとドライフードの選び方について

キャットフードを選ぶ時にウェットフードとドライフードという言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。キャットフードを購入する時には知りたい内容になるので、ここではウェットフードとドライフードについて説明します。

まずドライフードですが、これはその名の通り水分があまり含まれていないキャットフードです。水を含んでいないのでメリットとしては常温保存ができることです。また、開封後も保存期間が比較的長くなるので、賞味期限がすぐに切れてしまって捨てなければならないといったことも少なくなります。また、少量でも必要な栄養素を摂取できるというのはドライフードの特徴です。

続いてウェットフードについて説明をしますが、これはドライフードに比べると水分を含むキャットフードです。水分含有量が高いので、例えば高齢猫などにとっては食べやすいキャットフードです。比較的飲み込みもしやすく安心です。また、ドライフードに比べて味の種類が豊富ですので、色々な味を試してみたいと思っている人はウェットフードを選ぶといいです。

このように、どちらも人気のキャットフードですが、それぞれ猫の年齢に合わせても選び方が異なるので、事前にどちらが向いているか調べてから購入を考えましょう。